お悩み別 Q&A  - 顧問弁護士 ー

Q3. 顧問料はいくらですか?

A. 顧問料は、一般に、顧問先の事業規模、相談の頻度等を基に、弁護士と依頼者様の協議によって決められます。私の場合、賃貸用物件のオーナー様から顧問のご依頼を頂く場合は、月額3万円から5万円を基準としています。

【 解   説 】

 弁護士の報酬については、かつては日本弁護士連合会、各弁護士会が報酬基準を定めていましたが、現在ではこれが廃止され、報酬は自由化されました。各弁護士は自ら報酬基準を定めることを求められており、現在でも多くの弁護士は旧弁護士会基準を踏襲した基準を作成しながらも、事案の性質に応じて妥当な報酬になるよう増減しています。

 顧問料は、一般に、顧問先の事業規模、相談の頻度等を基に、弁護士と依頼者様の協議によって決められます。

 私の場合、賃貸用物件のオーナー様から顧問のご依頼を頂く場合は、月額3万円から5万円を基準としています。ただ、実際にどれくらいの御相談があるかは顧問契約をいただいてみないとわからない部分もありますので、契約は一年ごとの更新とし、相談の回数が少なければ2年目からは顧問料を減額し、反対に相談頻度が多ければ増額するといった見直しをしています。

←元のページに戻る