不動産の有効活用に関する相談は弁護士へ

問い合わせ

京橋総合法律事務所 弁護士 松浦裕介

お悩み別Q&A4
お悩み別Q&A
土地建物の明渡し
賃料の増額
滞納賃料の回収
不動産の有効活用
不動産の相続
顧問弁護士
ケーススタディ
土地の明渡し
建物の明渡し
賃料の増額
滞納賃料の回収
不動産の有効活用
不動産の相続
京橋総合法律事務所

Q1. 一括サブリース契約とはなんですか。
   どんなメリット・デメリットがありますか?

A. 一括サブリース契約とは、複数の住戸がある集合住宅等の全住戸を、同じ不動産業者にまとめて賃貸する契約です。空室の心配がないため収益の予定が立てやすい、管理が簡便であるというメリットがあり、エンドユーザーに直接貸す場合に比べると収益性が低くなりがちであるというデメリットがあります。

⇒ 解説を読む

 

Q2. 競売物件に手を出しても大丈夫ですか??

A. 競売物件は、市場に出回っている物件よりも割安である反面、権利関係などに問題があるケースが少なくありません。「三点セット」を入手した上、どのようなリスクが潜在しているのか専門家のアドバイスを受け、入札するかどうか、いくらで入札するかを判断されれば良いでしょう。

⇒ 解説を読む

 

Q3. 自分の資金を使わずに建物を建て、
   家賃を得る方法はありませんか?

A. 弁護士に訴訟を委任していなければ、ご自身が毎回出廷する必要があります。弁護士に委任していれば、オーナー様の尋問を行う場合のみ出廷する必要がありますが、そのほかの期日では出廷されるかどうかは自由です。

⇒ 解説を読む

 

Q4. 普通借地(借家)、定期借地(借家)とはなんですか?

A. 普通借地(借家)契約とは、契約の期間が満了した場合、原則として契約が更新される契約です。定期借地(借家)契約とは、契約の期間が満了した場合、双方の合意がない限り、賃貸借契約が終了する契約です。

⇒ 解説を読む

 

▲ページトップへ