賃料滞納 家賃滞納への対策は弁護士へ

問い合わせ

京橋総合法律事務所 弁護士 松浦裕介

お悩み別Q&A3
お悩み別Q&A
土地建物の明渡し
賃料の増額
滞納賃料の回収
不動産の有効活用
不動産の相続
顧問弁護士
ケーススタディ
土地の明渡し
建物の明渡し
賃料の増額
滞納賃料の回収
不動産の有効活用
不動産の相続
京橋総合法律事務所

Q1. 賃料を払わない借主に対してどのような回収手段がありますか?

A. まずは、賃料不払が賃貸借契約の解除事由になることを通知し、明け渡し請求を示唆して弁済を求めます。それでも支払が無い場合は、明け渡しと滞納賃料の支払いを求める訴訟を提起します。借主が支払義務と明け渡しを認めて時間の猶予を求める場合には、即決和解という簡易な裁判手続を使うこともあります。

⇒ 解説を読む

 

Q2. 滞納賃料の回収は誰が行うべきですか?

A. まずはオーナー様ご本人から督促をし、支払が無い場合には弁護士に委任することをお勧め致します。不動産業者等の第三者に取立てをさせることは、法律に違反する恐れがある上、かえって紛争を拡大してしまうおそれがありますので、お勧めできません。

⇒ 解説を読む

 

▲ページトップへ